ライフステージと銀行サービス(前編)

マイナビニュース

銀行口座を持っていない大人はいないはずなのに、普段あまり意識しないのが、銀行との付き合い方。大事な場面で賢く使いこなすために、人生のステージごとの銀行サービスを確認しておきましょう。

長く続く銀行とのお付き合い

新社会人の姿は、初々しいですね。銀行との本格的な付き合いが始まるのが、人生のこの時期。ひとりの大人として働いて得た給料を多くの方が毎月、指定の銀行口座に振込んでもらうことになります。そして、年齢とともに銀行との付き合いの幅は広がります。銀行とのお付き合い、実はとても長いのです。人生のいろいろな場面で、暮らしを支えてくれる銀行のサービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

現役時代は給料の受取りや住宅ローン

銀行の基本的なサービスとして、決済、預金、借入の3つがあります。

銀行口座を開いて、最初に利用するのは決済が多いようです。給料の受取り、ケータイやクレジットカード料金の引落とし…。決済とは、口座を通してお金の受取りや支払いを行うこと。わざわざ自分で現金を持って相手方まで運ぶ時間と労力を省くことができます。銀行口座を通して決済ができることで、世の中がどれだけ便利になったかわかりません。決済は、いつでも出し入れできる普通預金口座で行います。

収入を、使うばかりではなく、一部は貯蓄に回したいですね。気が付いたら普通預金の残高が増えていたという人もいそうです。そんなときに利用したいのが、定期預金。期間を決めて預入れ、普通預金よりも金利が高いのが特徴です。定期預金は、一度にまとまった金額を預けるほか、毎月積立で預けることもできます。社会人になったら、なるべく早く始めたいのが、この積立定期預金。積立金額と積立日を指定して申込めば、毎月、普通預金から定期預金に自動的に振替えられ、手間いらずで貯蓄が増えていきます。普通預金と定期預金は、銀行の代表的な預金です。

銀行との付き合いにも慣れてきた頃、嬉しい出会いがある方も多いと思います。結婚して、マイホームを買おうということになるかもしれません。マイホームの購入には大きな出費がともないますので、貯蓄で足りない部分は、住宅ローンを利用するのが一般的。お金を借りるときに大事なのが、それまでの銀行との付き合い方です。決済がきちんと行われたか、クレジットカードの支払いに滞りはないか。月々の取引きを通して信用が築けており、支払計画に無理がなければ、住宅ローンの審査に通り、念願の家を手に入れることができるはずです。銀行口座を作ったら、きちんと利用することが、自分の信用を守るためにとても大事です。

⇒ライフステージと銀行サービス(後編)へ

<著者プロフィール>
ファイナンシャルプランナー 坂本綾子
20年を超える取材記者としての経験を生かして、生活者向けの金融・経済記事の執筆、家計相談、セミナー講師を行っている。


【関連リンク】
<ご案内>ちばぎんとお付き合いはじめませんか?ちばぎんビギナーズ!

前の記事へ
次の記事へ
TOPへ戻る
ちばぎんオフィシャルサイトへ

Copyright© The Chiba Bank, Ltd. All Rights Reserved.

Page Top