マイナビニュース

積立で100万円貯める(後編)

銀行の積立定期を活用しよう

手取りの2割を積立てていくことで、100万円は貯められる!ことをわかっていただけたと思います。しかし実行しなければ、現実にはお金は貯まりません。毎月毎月、積立用のお金を取り分ける作業を自動的に行ってくれるのが、銀行の積立定期預金(※)です。これを活用しましょう。

※銀行の積立定期預金:普通預金から、毎月決まった日に、決まった金額を、定期預金に積立てる仕組み

積立定期預金は、銀行の窓口はもちろん、郵送や、銀行によってはインターネットバンキングでも申し込みができます。いったん申し込みをすれば、あとはお任せで毎月積立ててもらえるので、手間ひまがかからずラクにお金が貯まっていきます。利用する際のポイントは次の通りです。

■積立額の目安は、手取り給与の2割

■給与振込に利用している銀行口座で

■引き落とし日(積立日)は、給与振込の直後に

■残り8割が使えるお金、この予算を守る

■定期的に積立額を見直す

「手取りの2割は無理なく積立てられるはず」と最初に書きましたが、実際にはどうでしょうか?「ちょっときつい」、「いやもっと貯められる」…、どんな生活をしているかにより感想は違ってくることでしょう。きつい場合は無理をせず、いったん積立額を減らしましょう。積立額の変更はいつでもできる銀行が一般的です。無理をすると、ダイエットと同じでリバウンドの可能性も。「もうやーめた」っと貯めたお金を一気に使ってしまっては、元も子もありません。大事なのはコツコツ続けること。積立額を減らしても続けていけば、必ず目標を達成することができます。

反対にもっと貯められる人は、毎月の積立額を増やせば、貯まるスピードが上がり、貯蓄が楽しくなります。

ちなみに、積立定期預金ではボーナス月の増額も可能ですから、ある程度のボーナスをもらえるなら、ボーナスからも積立てれば100万円までの道のりがぐっと近くなります。またいったん積立定期預金の申し込みをしておけば、いつもの積立とは別途、余裕があるときにATMやインターネットバンキングで随時入金という形で積立てることもできます。

金利に敏感になろう

積立定期預金は、「普通預金から、毎月決まった日に、決まった金額を、定期預金に積立てる仕組み」です。いつでも出し入れできる普通預金と、期間を定めて預ける定期預金は、どちらが金利が高い? 正解は、定期預金です。現在は世の中全体が低金利のため、普通預金と定期預金の金利差はあまり大きくありません。しかし今後は、金利が上がっていく可能性があると言えます。普通預金から定期預金に積立てることで、生活費と分けて貯蓄を作ることができると同時に金利も高く有利になります。 積立定期預金は、積立時期に応じた期間の定期預金が適用となり、銀行によっては1年ごとにひとつの定期預金にまとめていく「おまとめ機能」も利用できます。

100万円が貯まったら?

100万円を貯めることができたら、毎月のお給料だけでは買えない大きな買物ができるなど可能性が広がります。また思わぬケガや病気などのトラブルに見舞われたときも守りのお金の役割を果たしてくれます。でも、これで安心してしまわずに、毎月の積立はぜひとも続けていってください。多分、積立で100万円が貯まる頃には、収入から毎月一定額を貯蓄に回すことが当たり前になっているはず。人生は山あり谷あり。積立という良い習慣は、あなたの人生にきっとプラスに働くはずです。

<著者プロフィール>
ファインナンシャルプランナー 坂本綾子
20年を超える取材記者としての経験を生かして、生活者向けの金融・経済記事の執筆、家計相談、セミナー講師を行っている。

⇒積立で100万円貯める(前編)へ


【関連リンク】
<ご案内> ちばぎんの積立定期預金はこちら(PC版)

前の記事へ
次の記事へ
TOPへ戻る
Page Top

Copyright© The Chiba Bank, Ltd. All Rights Reserved.