利益相反管理方針の概要

株式会社千葉銀行(以下「当行」といいます。)は、当行または当行のグループ会社(以下、当行と当行のグループ会社を総称して、「当行グループ」といいます。)とお客さまの間、あるいは、当行グループのお客さま相互の間における利益相反のおそれのある取引に関し、法令等に従い、お客さまの利益を不当に害することのないよう適正に業務を遂行いたします。

1.利益相反管理の対象となる取引(対象取引)と特定方法

利益相反とは、当行グループとお客さまの間、または、当行グループのお客さま相互の間の取引に関して利益が相反する状況をいいます。
利益相反は、金融取引においては日常的に生じるものですが、当行では、以下の(1)、(2)の状況が生じるおそれのある取引を、利益相反管理の対象となる取引(以下、「対象取引」といいます。)として管理いたします。

  1. お客さまの不利益のもと、当行グループまたは当行グループの他のお客さまが利益を得る状況
  2. (1)の状況がお客さまとの間の契約上または信義則上の地位に基づく義務に違反する状況

2.対象取引の類型

対象取引であるかどうかは、個別具体的な取引の態様に応じて特定いたしますが、例えば、以下のような取引については、対象取引に該当する可能性があります。

  • お客さまと、当行グループの利害が対立する取引
  • お客さまと、当行グループの他のお客さまとの利害が対立する取引
  • お客さまと、当行グループが同一の対象に対して競合する取引
  • お客さまと、当行グループの他のお客さまとが同一の対象に対して競合する取引
  • 当行グループがお客さまとの関係を通じて入手した情報を利用して、当行グループが利益を得る取引
  • 当行グループがお客さまとの関係を通じて入手した情報を利用して、当行グループの他のお客さまが利益を得る取引

3.利益相反管理体制

適正な利益相反管理の遂行のため、当行に利益相反管理責任者と利益相反管理統括部署を置き、利益相反管理のための情報を集約するとともに、対象取引の特定および管理を一元的に行います。
対象取引の管理方法として、以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択し、あるいは組み合わせて講じることにより、お客さまの利益を不当に害することのないよう管理を行います。また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育を実施し、役職員に周知・徹底いたします。

  1. 部門間における情報の遮断
  2. 取引条件や取引方法の変更
  3. 取引の中止
  4. お客さまへの情報の開示
  5. お客さまからの同意の取得

4.利益相反管理の対象となる会社の範囲

利益相反管理の対象となるのは、当行および以下に掲げるグループ会社です。

  • ちばぎんジェーシービーカード株式会社
  • ちばぎんディーシーカード株式会社
  • ちばぎんリース株式会社
  • ちばぎん証券株式会社
  • ちばぎんキャピタル株式会社
  • ちばぎんアセットマネジメント株式会社

2011年1月1日現在

以上