頭取メッセージ

皆さまには、日頃より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

当行の主要営業地域である千葉県は、圏央道・外環道など交通インフラの整備や地方創生プロジェクトの進展、東京オリンピック・パラリンピック開催に係る経済効果などにより、引き続き高い成長が期待されます。
こうした地域のポテンシャルをさらに高め、地域経済の活性化をリードしていくことは、地域金融機関である当行の使命であると考えております。

このようななかで当行は、個人や中小企業をはじめとした地域のお客さまに最高の満足と感動を提供する「リテール・ベストバンク」グループを目指し、2020年3月までを計画期間とする第13次中期経営計画「ベストバンク2020 Final Stage -価値共創の3年」に取組んでおります。

当行は、「お客さま第一主義」のもと、取引先企業の経営課題の解決や地方創生への積極的な参画をつうじて地域の発展に貢献してまいります。
さらに、デジタル化への対応や抜本的な業務改革により、生産性向上に向けた取組みを加速させるとともに、ESG課題への対応を進めることで「価値共創」を実現し、皆さまとともに持続的な成長を目指してまいります。

また、「千葉・武蔵野アライアンス」や「TSUBASAアライアンス」などの戦略的アライアンスでは、幅広い分野で連携が進んでおり、一層の深化を図ることでさらなる成果につなげてまいります。

以上のようなことをつうじ、引き続きお客さまにとって価値ある商品・サービスの提供に努めてまいります。

全てのステークホルダーの皆さまのご期待にお応えできるようグループ全役職員が最大限の努力を尽くしてまいりますので、今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

取締役頭取 佐久間 英利