病気やケガにより長期療養となった場合、住宅ローンの返済をサポートします。債務返済支援保険

債務返済支援保険とは

病気やケガにより長期療養を余儀なくされたとき、収入が減少し、毎月の住宅ローン返済が家計の大きな負担となります。「債務返済支援保険」は、30日を超える長期療養となった場合に毎月の住宅ローン返済をサポートする保険です。社団法人全国地方銀行協会が保険契約者となる団体契約ですので、団体割引を適用した低廉な保険料でご加入いただけます。

債務返済支援保険のイメージ

保険概要

保険名称 債務返済支援保険〔債務返済支援特約付団体長期障害所得保障保険〕
ご加入いただける方 当行の住宅ローンご利用者(対象の住宅ローンについては窓口へお問合せください)で、次の条件を満たされる方
  1. 融資対象物件が主に居住のための物件である方
  2. 加入時のご年齢が満20歳以上満70歳以下の方
  3. 勤労収入のある方
  4. 保険対象期間が1年以上ある方
補償内容 病気やケガにより、30日間を超える入院(医師の指示による自宅療養を含みます。)の場合に、保険金をお支払いします。
  • 保険金月額
    年間返済予定合計額(ボーナス分を含みます。)の12分の1
  • 対象期間
    1回の入院(医師の指示による自宅療養を含みます。)に対して、3年間を限度に保険金をお支払いします。
保険対象期間 責任開始日から責任終了日までとなります。
  • 責任開始日
    1. 新たにローンをお申込みの方:融資実行日の属する月の翌月1日となります。
    2. すでにローンをご利用されている方:保険加入承諾日の属する月の翌月1日となります。
  • 責任終了日
    ローン完済日の属する月の初日、または満76歳到達日の属する月の初日のいずれか早い日までとなります。
保険料 平均月間返済額(年間返済予定合計額の12分の1)10,000円あたり58円
融資実行月または、お申込手続きが完了した月の翌々月からローンの返済口座から毎月末日に振替させて頂きます。
  • 2015年7月現在
保険金をお支払いできない主な場合
  • 次の事由に起因する就業障害については、保険金をお支払いできません。
    1. 保険契約者・被保険者・保険金受取人の故意または重大な過失
    2. 自殺行為、犯罪行為または闘争行為
    3. 麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の利用
    4. 戦争、外国の武力行為、暴動、核燃料物質等によるもの
    5. 妊娠、出産、早産または流産
    6. 頚(けい)部症候群(いわゆる「むちうち症」)、腰痛等で医学的他覚所見のないもの
    7. 精神病性障害、知的障害、人格障害、アルコール依存および薬物依存等の精神障害を被り、これを原因として生じた就業障害
    8. 自動車または原動機付自転車の無資格運転または酒気を帯びた状態での運転
    9. 発熱等の他覚的症状のない感染
引受保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社(幹事保険会社)
  • この保険契約は複数の保険会社による共同保険契約です。引受保険会社は各々の引受割合に応じて連帯することなく単独別個に保険契約上の責任を負います。引受割合は以下の通りです。

2015年7月現在の引受割合

引受保険会社 引受割合
損害保険ジャパン日本興亜株式会社(幹事) 69.40%
三井住友海上火災保険株式会社 18.70%
東京海上日動火災保険株式会社 3.40%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 8.50%
100%

債務返済支援保険に関する留意点

  • 本商品の詳細は、パンフレット 兼 契約概要・注意喚起情報にてご確認下さい。
  • 保険商品は預金ではないことから、払込保険料及び元本保証はなく、預金保険の対象とはなりません。
  • 保険会社が経営破たんした場合には、ご契約時にお約束した保険金・解約返戻金等が削減されることがあります。なお、本商品は損害保険契約者保護機構の補償対象となりますので、引受保険会社が経営破たんした場合には、保険金・解約返れい金等の9割までが補償されます。
  • 当行が販売する保険商品の購入の有無が、当行におけるお客さまとの他の取引に影響を与えることは一切ございません。
  • このページは概要を説明したものです。詳しくは、お近くの取扱窓口までお問い合わせください。

2015年7月1日現在

SJ10-20451(2010年8月4日)

「プラスワンサービス」へ戻る
close