年金に関するさまざまな相談の受付や請求手続きをご案内するサービスです。年金ご予約サービス

対象となるお客さま(下記1.と2.の両方の条件を満たすお客さま)

  1. 55歳以上で、年金お受取り前のお客さま
    • 年金お受取り開始年齢の誕生日前日まで
  2. ちばぎん総合口座(普通預金)をお持ちのお客さま
  • 年金は、公的年金である国民年金・厚生年金・共済年金を対象とし、厚生年金基金等から支払われる企業年金等は本サービスの対象となりません。
  • 年金をお受取り中(請求手続済を含む)のお客さまは、本サービスの対象となりません。

サービス内容

年金の請求手続きのご案内

国民・厚生年金お受取り時に提出する「年金請求書」の記入方法・添付書類について、分かりやすくご案内いたします。
(実際に年金をお受取りになる際には、お客さまご自身でのお手続きが必要です。)

特典

POINT1

「ひまわり年金教室」・「年金個別相談」へのご案内

公的年金の仕組みや、年金お受取り以降も働いた場合の年金などについて分かりやすく解説する「ひまわり年金教室」に、ご案内いたします。

POINT2

年金に関する相談を電話で受付け

社会保険労務士の資格を持った当行職員が、電話にてご相談をお受けいたします。

  • 受付時間:午前9時~午後5時、月曜日~金曜日(銀行休業日を除く)

POINT3

会員制サービス「ひまわり倶楽部」へのご入会

旅行や健康などを取り上げた会員誌の送付をはじめ、観劇・旅行の割引等さまざまな特典を提供する会員制サービス「ひまわり倶楽部」にご入会いただけます。

  • 年齢58歳以上で、お取引残高(円貨預金、外貨預金、投資信託、国債、個人年金保険の合計額)200万円以上のお取引をいただいている個人のお客さまが対象です。

年金お受取り開始年齢一覧

お受取りの年金の種類 性別 生年月日 お受取り
開始年齢
厚生年金 一般
(民間企業にお勤めの方)
男性 1953年(昭和28年)4月1日以前 60歳
1953年(昭和28年)4月2日
~1955年(昭和30年)4月1日
61歳
1955年(昭和30年)4月2日
~1957年(昭和32年)4月1日
62歳
1957年(昭和32年)4月2日
~1959年(昭和34年)4月1日
63歳
1959年(昭和34年)4月2日
~1961年(昭和36年)4月1日
64歳
1961年(昭和36年)4月2日~ 65歳
女性 1958年(昭和33年)4月1日以前 60歳
1958年(昭和33年)4月2日
~1960年(昭和35年)4月1日
61歳
1960年(昭和35年)4月2日
~1962年(昭和37年)4月1日
62歳
1962年(昭和37年)4月2日
~1964年(昭和39年)4月1日
63歳
1964年(昭和39年)4月2日
~1966年(昭和41年)4月1日
64歳
1966年(昭和41年)4月2日~ 65歳
一般以外
(共済組合または私学共済に加入の方)
男性
女性
1953年(昭和28年)4月1日以前 60歳
1953年(昭和28年)4月2日
~1955年(昭和30年)4月1日
61歳
1955年(昭和30年)4月2日
~1957年(昭和32年)4月1日
62歳
1957年(昭和32年)4月2日
~1959年(昭和34年)4月1日
63歳
1959年(昭和34年)4月2日
~1961年(昭和36年)4月1日
64歳
1961年(昭和36年)4月2日~ 65歳
国民年金 男性
女性
すべての方 65歳
  • 年金お受取り開始年齢は、お客さまが、法令上年金のお受取りを開始できる年齢であり、お客さまが年金受取りを希望する年齢と異なる場合があります。
  • 上記厚生年金のお受取り開始年齢は、厚生年金の加入期間(一般と一般以外の合計)が1年(12か月)以上の場合です。
    加入期間が1年(12か月)未満の場合は、生年月日にかかわらず65歳がお取り開始年齢となります。
  • 複数の年金をお受取りになる場合、先に到来するお受取り開始年齢を本サービスのお受取り開始年齢とします。

平成28年4月1日現在

PDFファイルを閲覧・印刷いただくには、アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader[外部リンク](無償)を左のリンクより入手し、インストールすることが必要となります。Adobe、Adobeロゴ、Reader は、アドビシステムズ社の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。