セキュリティについてインターネットバンキング

ちばぎんの取組み

ちばぎんマイアクセスを安全にご利用いただくために、当行では様々なセキュリティ対策に取組んでいます。
安心してサービスをご利用いただけるよう、高いレベルのセキュリティを常に維持・向上いたします。

お客さまとの通信を暗号化

  • SSL(TLS)暗号化通信を採用

ちばぎんマイアクセスでは、SSL(TLS)暗号化技術を採用し、通信内容を暗号化しています。これにより、お客さまの情報の漏洩・盗聴・データの改ざんを防ぐことができます。

SSLを利用したページを見分けるには…

千葉銀行のホームページで、インターネットバンキングのログイン画面や資料請求など、個人情報を入力するページではSSL通信によって暗号化されています。これらのページでは、URLは「https://…」から始まっています。また、このようなページでは、Webブラウザに「鍵マーク」が表示されます。 「鍵マーク」をクリックすることでWebサイトの証明書を確認することができます。

複数の暗証番号で本人確認

  • 毎回異なったパスワードで本人確認

ご契約番号、ログオンパスワードに加えて、ご契約カードの確認番号、ワンタイムパスワードを使用し、毎回異なった番号を入力いただくことで、お客さまの本人確認を行っています。

画面キーボードを導入

  • キーロガー(キーボード操作の動きを盗む)対策

Eメールやオンラインソフトなどの形でパソコンに侵入し、パソコンのキーボード操作の情報を第三者に転送してしまう「キーロガー」というプログラムが存在します。パスワードの入力を画面キーボードで行うことは、キーロガー対策に有効と言われています。

パソコン、ネット環境の解析

  • 第三者の不正アクセスを防ぐ

インターネットバンキングにアクセスされた際のパソコン環境やネット環境などの解析を行い、特にリスクの高いアクセスの場合はログオンできないようにして、第三者の不正アクセスからお客さまのご預金をお守りします。

前回ご利用日時の表示

  • 第三者による不正アクセスの早期発見

インターネットバンキングにログオンした時の画面に、前回のログオン日時を表示しますので、第三者による不正アクセスのチェックが可能です。 ログオンの際には、ご確認いただきますようお願い致します。

お取引結果のメール通知

  • お取引結果通知メールで不正取引の早期発見

振替、振込などの取引受付時ならびに取引完了時に、あらかじめお客さまにご登録いただいているメールアドレス宛にお取引内容を通知いたしますので必ずご確認ください。※ただし、平日9:00~15:00までに行われた振替、振込、積立定期預金の登録口座への入金のお取引きについては、取引完了時の結果通知のみとなります。

自動タイムアウト(自動ログオフ)機能

  • 端末の不正利用対策

インターネットバンキングにログオンしたまま離席した場合など、一定時間操作がなかった場合には、自動的にログオフし、お取引を終了させていただきます。これにより、第三者の不正利用を防ぐことができます。

画面改ざん検知

  • ウィルスに感染している端末からのログオンを防ぐ

お客さまのアクセス状況からご利用端末がウィルス等に感染し、インターネットバンキングの画面が改ざんされている可能性があることを当行のシステムが検知した場合、お客さまのご預金をお守りするため、警告画面を表示し、ウィルス対策ソフトの利用を促します。

2016年4月18日現在