千葉銀行グループの企業行動指針

千葉銀行グループの企業行動指針は、社会の一員である「企業」、社会的責任と公共的使命を担う「銀行」たる「千葉銀行」グループとして、倫理的で責任ある企業活動を遂行していくにあたっての基本方針を宣言しているものです。

1. 揺るぎない信頼の確立

当行グループは、銀行のもつ社会的責任と公共的使命の重みを常に認識し、自己責任に基づく健全かつ適切な業務運営をつうじて、社会からの揺るぎない信頼の確立を図ります。

2. 質の高い金融サービスの提供

当行グループは、お客さまに寄り添い、お客さまのニーズに応えるとともに、お客さまの利益の適切な保護にも十分に配慮した質の高い金融サービスを提供します。

3. 地域経済・社会への貢献

当行グループは、お客さまのパートナーとして、また、社会とともに歩む「良き企業市民」として、積極的に地域社会に参画し、その発展に貢献します。

4. 法令やルールなど基本原則の徹底した遵守

当行グループは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。

5. 透明な経営

当行グループは、経営情報を積極的、効果的かつ公正に開示し、幅広いステークホルダーとの建設的な対話をつうじて、自らの企業価値の向上を図るとともに、社会からの理解と信頼を確立するべく、透明な経営に徹します。

6. 人権の尊重

当行グループは、役職員やお客さまをはじめとするすべての人々の人権を尊重します。

7. 持続可能な社会の実現に向けた責務

当行グループは、ダイバーシティと働き方改革の推進、環境問題への取組みを通じ、持続可能な社会の実現に向けた責務を果たします。

8. 反社会的勢力との関係遮断およびマネー・ローンダリング等の防止

当行グループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与え、健全な経済・社会の発展を妨げる反社会的勢力や団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。また、提供する商品やサービスが金融犯罪およびマネー・ローンダリングやテロ資金供与に利用されることのないよう、これらの対策の高度化に努めます。