ダイバーシティ推進の取組みについて

対外的な評価

経済産業省・東京証券取引所による平成30年度「なでしこ銘柄」に選定

「なでしこ銘柄」とは、毎年、経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた上場企業を業種ごとに選定し、「中長期の企業価値向上」を重視する投資家に対して魅力ある銘柄として紹介しているものです。

当行は、ダイバーシティ推進を主要な経営戦略に位置づけており、特に女性活躍推進の分野では、女性管理職登用に関する数値目標を公表し、キャリア開発や管理職向け研修の実施、家庭と仕事の両立に向けた勤務諸制度の充実などに積極的に取り組んでいる点が評価され、昨年度に続いて2回目の選定を受けました。

厚生労働省 2018年度「均等・両立推進企業表彰 ファミリー・フレンドリー企業部門」厚生労働大臣優良賞の受賞

均等・両立推進企業表彰は、男女ともにそれぞれの職業生活の全期間をつうじて持てる能力を発揮できる職場環境の整備を目的として、厚生労働省が、「職場における女性の能力発揮を促進するための積極的な取組み(均等推進企業部門)」と「仕事と育児・介護との両立支援のための取組み(ファミリー・フレンドリー企業部門)」の2部門で、他の模範ともいうべき取組みを推進している企業を表彰する制度です。

当行は、育児休業者に対する復職のための充実したサポートと男性職員の積極的な育児参画の呼びかけにより、仕事と家庭の両立支援に取り組んでいることや、業界や地域とのネットワークづくりにも力を入れていることなどが高く評価され、「ファミリー・フレンドリー企業部門」厚生労働大臣優良賞を受賞しました。

厚生労働省 第1回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」奨励賞(職業安定局長賞)の受賞

働きやすく生産性の高い企業・職場表彰は、誰もが安心して働き続けられる魅力ある職場づくりの推進にあたり、労働生産性の向上と雇用確保・雇用環境の改善を両立させる企業・職場を表彰するものです。

当行は、効率的な業務遂行による総労働時間の縮減や、業務プロセスの見直しによるBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の徹底、行員のスキルレベルにあった研修機会の提供等が評価され、2017年3月に職業安定局長賞を受賞しました。

NPO法人J-Win「2015J-Winダイバーシティ・アワード 個人賞 経営者アワード」、「2016J-Winダイバーシティ・アワード ベーシックアチーブメント準大賞」の受賞

「J-Win ダイバーシティ・アワード」は、ダイバーシティ&インクルージョン推進を経営戦略として位置づけ、「女性活躍推進」を重要課題として、女性リーダーを継続的に輩出する仕組みづくりに積極的に取組み、多様な能力やアイディアを融合し、新たな価値を創造していくイノベーティブな組織風土の形成に取り組んでいる企業を表彰するものです。

トップの強いリーダーシップのもと、女性登用の数値目標を見据えた計画的な育成を進めるとともに、銀行全体の意識改革や男性の育児参加促進、働き方改革に取り組んでいることが評価され、2015年に頭取 佐久間 英利が「個人賞 経営者アワード」、2016年に当行が「ベーシックアチーブメント準大賞」を受賞しました。

  • 「多様な人たちを受け入れその力を生かすこと」という意味です。お互いに理解し尊重し合うことで持てる力を発揮し、新しいものを作りだしていく、それが企業の持続的な成長につながるという考え方です。
    この受賞は、トップ自らが強いリーダーシップを発揮し、行内の女性活躍推進に注力してきたこと、内閣府がサポートする「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言策定メンバーとして、率先して女性活躍推進に取組むムーブメントを巻き起こしたこと等が評価されたものです。

内閣府2015年度「女性が輝く先進企業表彰」内閣総理大臣表彰の受賞

「女性が輝く先進企業表彰」は、「女性が輝く社会」の実現に寄与することを目的として創設され、役員・管理職への女性の登用に関する方針、取組み及び実績並びにそれらの情報開示において顕著な功績があった企業を表彰する制度です。

当行は、女性活躍推進において「職域拡大(仕事をつくる)」「人材育成(人を育てる)」「環境整備(職場をつくる)」の3つの視点から一体的に取組みを進め、女性登用を着実に進めてきたこと、また、当行のリーダーシップにより全国地方銀行協会会員全64行の頭取参加のもと発足した「輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会」において、地方銀行職員のキャリア継続を支援する「地銀人材バンク」が創設されたこと等が高く評価され、内閣総理大臣表彰を受賞しました。

経済産業省 平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」に選定

「ダイバーシティ経営企業100選」は、ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を選定・表彰する制度です。

当行は、経営者の強いリーダーシップによる女性の職域拡大を中心とした活躍推進、全店あげての業務効率化への取組みによる時間外労働の削減、特例子会社ちばぎんハートフル(株)の設置等が評価されました。

  • 「ダイバーシティ経営」とは、多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することでイノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営のことです。

厚生労働省「イクメン企業アワード2014」特別奨励賞の受賞

「イクメン企業アワード」は、男性の仕事と育児の両立を応援する「イクメンプロジェクト」の一環として、男性労働者の育児参加を積極的に促進しつつ、業務改善を図る企業を表彰する制度です。

今回の受賞は、早期退行に向けた取組みや「業務効率化及び早帰り推進委員会」の活動等が評価され、特別奨励賞を受賞しました。

日本金融通信社「2014年度ニッキン賞」の受賞

「ニッキン賞」は、日本金融通信社が1977年に設立した「ニッキン基金」から、金融機関並びに役職員が金融界や社会の発展に貢献した行為を毎年顕彰するものです。

当行は、女性の活躍推進や障がい者雇用などの取組みが評価されました。