千葉銀行
金融機関コード:0134

ページ内の移動用のリンクです

千葉銀行について

千葉銀行は、千葉県を主要な営業基盤とする地方銀行で、昭和18年3月に千葉合同銀行・小見川農商銀行・第九十八銀行が合併して誕生しました。
千葉県の成長とともに、当行も成長を続け、預金残高11兆5,657億円、貸出金残高は9兆3,053億円は共に我が国地方銀行で第2位の規模となっております。(平成29年3月31日現在)

千葉県に160店舗を有しているほか、東京都に14店舗、埼玉県に3店舗、茨城県に3店舗、大阪府に1店舗を有しております。
海外では、ニューヨーク、香港、ロンドンの3都市に支店を有しているほか、上海、シンガポール、バンコクに駐在員事務所を設置し、お客さまの海外進出のサポートや、お客さまへの現地情報の提供など行っております。

(平成29年3月31日現在)

また、千葉県内を中心に、お客さまの金融商品への投資ニーズに対応する総合証券会社「ちばぎん証券」をはじめ、13のグループ会社を有しております。

千葉銀行グループは、「リテール・ベストバンク」グループとして質の高い金融サービスを提供することにより、お客さまの満足度のさらなる向上を目指し、努力を続けてまいります。