ダイバーシティ推進の取組みについて

女性活躍の推進

千葉銀行は、国内の銀行で初めて女性を支店長に登用するなど、これまで女性活躍推進に積極的に取組んでまいりました。これからも女性が働きやすく、働き続けることができる職場づくりを進めるとともに、女性がその能力を十分に発揮できる環境整備に取組んでまいります。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の「行動宣言」

2014年6月27日、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が、「行動宣言」を策定・公表しました。「行動宣言」の策定メンバーとして、千葉銀行 頭取 佐久間 英利が本会に参加しています。

千葉銀行は、「行動宣言」の3つの柱(「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」)に沿って、今後とも女性の活躍推進に積極的に取組んでまいります。

ご参考

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」について
2014年3月28日に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡がっています。このようななか、女性の活躍推進に積極的に取組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が開催されました。

女性の管理職登用に関する数値目標の設定

2014年8月、ダイバーシティマネジメント推進の第一歩として、女性の管理職登用に関する数値目標を設定しました。

【女性の管理職登用に関する数値目標】

2020年度までに

  1. リーダー職の女性比率を30%とする。
  2. 管理職の女性比率を20%とする。

  • 「リーダー職」とは、支店長代理など、部下を持つ職務にある職員及びそれと同等の地位にある職員であり、担当業務の責任者として、組織マネジメントの職責を担う者です。

女性登用の状況

役職者や管理職への女性の登用を積極的に行っています。
「女性いきいきキャリアアップ宣言」を公表した2005年度(2006年3月末)と比較して登用数は大きく増加しています。

2006年3月末 2018年7月現在
女性管理職登用数(女性比率) 17人(2.0%) 129人(12.7%)
役員 0人 3人
部長 0人 6人
支店長・所長・副部長 3人 25人
副支店長・次長 7人 49人
女性リーダー職登用数(女性比率) 98人(9.4%) 273人(30.4%)
  • 人数及び比率については、出向者を除いた職員を対象としています。また、部長には執行役員1名を含みます。
    取締役および執行役員23名のうち3名(社外取締役2名、執行役員1名)が女性です。グループ会社14社の取締役のべ85名のうち3名(非常勤)が当行の女性職員です。

女性のキャリア形成、職域拡大

女性のキャリア形成支援やネットワーク構築を目的としたセミナー、男性管理職や女性管理職を交えた意見交換会等を開催し、キャリアアップしたいという女性の意欲向上を促しています。

このほかにも、行内報でロールモデルとなる女性を紹介したり、他行や他業態の女性職員との交流会を行い、今後のキャリアを考える上での新たな気付きを得られるような仕掛けづくりなどにも注力しています。

加えて、2015年度からは、管理職手前の女性を対象に「輝く女性応援ワークショップ」として、1年間のインターバル形式でさまざまなキャリア支援研修を実施するとともに、参加者の上司に対してはキャリアマネジメント研修を実施するなど、参加者と上司双方に対して年間をつうじた取組みを継続しています。

また、2016年5月からは、頭取と女性管理職による意見交換会や、女性社外取締役と女性職員による意見交換会を実施しています。

さらに、2016年7月からは、役員や部長、支店長等が女性管理職に対し、キャリア形成等のアドバイスを行うキャリアサポート制度を導入し、2018年からは対象をリーダー職まで拡大しました。同制度では、女性の相談ネットワークの構築や高い視座を養うことを目的に、9か月間にわたり4回程度メンタリングを実施しております。

そのほか、各種トレーニー(研修制度)への女性の積極的な派遣や、女性渉外担当者や法人担当者向けの少人数制の勉強会の実施など、女性職員の活躍の場を広げる取組みも進めています。

【その他の主な取組み】

女性法人営業エンパワーメント塾(女性向け法人営業勉強会)

イブニングセミナー(業務終了後の夕方に開催する女性職員と管理職による座談会)

女性異業種交流会(損害保険ジャパン日本興亜㈱、千葉県、千葉市ほか、敬称略)

旧姓使用の開始

管理職に対する取組み

単一的なマネジメントから女性を含めた多種多様なマネジメントへの移行を目指し、女性活躍推進の鍵を握る男性管理職の意識改革に取組んでいます。

これまでも所属長に対して女性職員のキャリアマネジメントの講演を実施したほか、男性管理職と女性職員との意識のギャップ等を例示した「管理職向け『女性活躍推進ハンドブック』」を作成し、周知しました。

また、2016年7月からは、武蔵野銀行と合同で管理職向けに女性部下を持つ上司のためのマネジメント講座を継続して開催しています。

女性活躍推進法に基づく取組み

千葉銀行は、2016年4月1日付で、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、「女性活躍推進法」という。)※に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、千葉労働局に届け出ました。

女性活躍推進法では、(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析、(2)状況把握、課題分析を踏まえた行動計画の策定、社内周知・公表、(3)行動計画を策定した旨の都道府県労働局への届出、(4)女性の活躍に関する状況の情報の公表が義務づけられています。

2016年4月、当行は、女性活躍推進に関する取組の実施状況が認められ、優良企業認定マーク「えるぼし」(最上位)を取得しました。

認定マーク「えるぼし」

女性が活躍しています!

  • 女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するため、国、地方公共団体、民間事業主(一般事業主)の各主体の女性の活躍推進に関する責務等を定めた法律です。

グループ各社においても、女性活躍推進に取組んでおり、2016年6月に、ちばぎん証券株式会社が、2016年8月には、ちばぎんコンピューターサービス株式会社がそれぞれ「えるぼし」(最上位)を取得しました。

PDFファイルを閲覧・印刷いただくには、アドビシステムズ社の配布しているAdobe Reader[外部リンク](無償)を左のリンクより入手し、インストールすることが必要となります。Adobe、Adobeロゴ、Reader は、アドビシステムズ社の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。