ちばぎんグループ人権方針

ちばぎんグループは、千葉県を主要な営業基盤とする金融グループとして、持続可能な地域社会の実現に貢献します。

ちばぎんグループ人権方針は、「千葉銀行グループの企業行動指針」を踏まえ、事業活動をつうじて人権の尊重に取り組んでいくことを約束するものです。

1. 国際的な人権基準の尊重

ちばぎんグループは、事業活動を行う地域で適用される法律を遵守し、国際的な人権基準として、以下の宣言・原則等を基本として人権の尊重に取り組みます。

  • 世界人権宣言
  • 労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言
  • ビジネスと人権に関する指導原則

2. 役職員の人権について

ちばぎんグループは、全役職員の人権を尊重し、全役職員が働きやすい職場を提供するよう行動します。あらゆる差別の解消に取り組み、人種、性別、国籍、信条、宗教、障がいの有無、性的指向、性自認、年齢、門地、健康状態等による差別やハラスメント行為、人権侵害を容認しません。

また、グループ各社に職場内の人権侵害に関する相談窓口を設け、こうした差別行為等を防止する体制を整備しています。

加えて、ちばぎんグループは、役職員一人ひとりが人権問題に関する正しい認識と理解を深める為、人権啓発教育研修に取り組みます。

3. お客さまに対して

ちばぎんグループは、金融サービスを提供する企業として、様々な業務分野において人権に対して負の影響を与える、もしくはそれに関係する可能性があることを認識しています。

また、お客さまと共に人権課題の解決に努め、人権を尊重し、侵害しないことをお客さまに対しても求めていきます。提供する金融サービスが、人権の侵害の発生に結びついている場合には、ちばぎんグループとして適切に対応し、お客さまにも適切な対応をとるよう働きかけていきます。

4. サプライヤーに対して

ちばぎんグループは、サプライヤーに対しても、人権を尊重し、侵害しないことを求めていきます。また、サプライヤーが人権に対して負の影響を与えている懸念がある場合は、人権が尊重されるよう働きかけていきます。

5. 管理体制

ちばぎんグループは、ESG推進委員会において人権に関する取組みの状況についての報告を行い、人権尊重の取組みの向上・改善に努めます。また、必要に応じて本方針にかかる見直しの検討を行います。