ダイバーシティ推進の取組みについて

役職員の意識・行動改革

多様な人材が互いに尊重し合い、いきいきと活躍する風土を醸成するため、役職員の意識・行動改革を進めています。

ダイバーシティ意識浸透・行動改革にむけた取組み

職員一人ひとりがダイバーシティ推進の重要性を理解し行動できるよう、全役員・部長、各職場の代表が参加する「ダイバーシティフォーラム」を毎年開催しています。
本フォーラムは、トップメッセージの発信や有識者による講演の他、世代・所属・担当業務等を超えた多様な参加者同士のワークショップを実施することで、現場のダイバーシティ推進に向けた行動改革に繋げる場としています。

さらに、経営層向け各種研修会等の中でもSDGsやダイバーシティ推進に関する講演会やディスカッションを実施し、役職員一体となったダイバーシティ推進に向けた意識醸成を行っています。

また、職員のダイバーシティ推進の意識浸透状況や、現場の課題を把握するために毎年「ダイバーシティに関する意識調査」を実施し、調査結果を元にe-learningや行内報を通じ全役職員に向けた情報発信を行っています。

ダイバーシティフォラムでのワークショップの様子

ダイバーシティフォラムでのワークショップの様子

管理職に対する取組み

管理職の意識や行動は職場におけるダイバーシティ推進を実現するための重要な要素となります。 そのため、新しい時代の理想の上司「イクボス」を増やし、管理職の意識・行動改革を進めることでダイバーシティ・マネジメントを浸透させる取組みを行っています。

階層別の研修や新任支店長研修ではイクボス講習を行う他、全ての所属長は「イクボス宣言」を行内LANに公表し、定期的に部下との1対1の対話の場「1on1 talk」を実施しています。

管理職を対象に多様な部下をマネジメントするためのスキルの向上や、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)をテーマとした研修も強化し、女性や育児や介護との両立を目指す部下の育成に向けたガイドブックを制定しています。

管理職の評価項目には、ダイバーシティ推進や女性活躍推進、生産性向上の取組み状況を組み入れています。

  • イクボスとは、職場で共に働く部下・スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことのできる上司のことを言います。