SDGs宣言とSDGsの取組み

ちばぎんグループSDGs宣言

ちばぎんグループでは、「持続的経営」の考えのもと、こうした社会課題の解決に向けて、事業活動をつうじた様々な取組みを行っています。これらの活動が、SDGsの達成への貢献につながるものと考え、「ちばぎんグループSDGs宣言」を制定しています。

ちばぎんグループSDGs宣言

ちばぎんグループは、国連において採択されたSDGs(持続可能な開発目標)を踏まえ、地域の持続的な成長を実現するため、次にかかげる地域の社会・環境課題に取り組んでいくことを宣言します。

テーマ マテリアリティ※1
主な取り組み※2
SDGsのゴール
地域経済・社会 地域経済とコミュニティの活性化に貢献します
  • 事業承継支援
  • 事業者向けアドバイザリー業務
  • 幹部や専門技術者などの人材紹介
  • 産業育成への取組み
  • 地方創生の支援、災害復旧支援
  • 企業誘致
  • グループ一体のサービス
  • 観光関連事業への支援、取引推進

高齢化 高齢者の安心・安全な生活を支えます
  • 終身の資産運用・管理ニーズへの対応
  • 資産継承支援
  • 認知症への対応
  • 医療・介護事業への支援、取引推進
  • 振り込め詐欺等金融犯罪対策

金融サービス より良い生活をおくるための金融サービスを提供します
  • インターネット・スマートフォンによる金融サービスの拡充
  • 質の高い金融サービスの拡充
  • ライフデザインシステムの活用による保険商品提案
  • エリア単位で店舗ネットワークを最適化
  • TSUBASAちばぎんキャシュレス加盟店サービス等決済サービスの拡充
  • 住宅取得支援やライフイベントでの資金ニーズへの対応

ダイバーシティ ダイバーシティと働き方改革を推進します
  • 女性活躍に向けたモチベーション向上と長期的なキャリア形成支援
  • 多様な人材の職域拡大等による活用
  • 柔軟なワークスタイルの推進

環境保全 持続可能な環境の保全に貢献します
  • 本業をつうじた環境保全への貢献
  • 森林整備活動
  • 気候変動対策への取組み
  • 自然災害対策(BCP)の整備
  • 環境関連事業への支援、取引推進

  1. 企業の社会的責任に関わるさまざまな活動における重要課題
  2. マテリアリティによる主な取組みは、環境変化等に応じて適宜見直しを行います。