変動金利、固定金利の選び方をご説明いたします。金利タイプの選び方

お申込み・お問い合わせ

住宅ローンの金利には、市場の金利水準に応じて金利が変動する「変動金利」と、選択期間中は変動しない「固定金利」があります。
お客さまのライフプランに合わせて計画を立てることが大切です。
下の表を参考に、お客さまにぴったりの金利タイプをお選びください。

金利選択型のしくみ

あなたにオススメの金利タイプ

  • 「今後は今より金利が下がっていくと思われるので、将来の金利動向を見きわめて対応したい」
    そんなあなたには…変動金利がオススメ!
    お借入期間中、市場の金利水準に応じて金利が変動します。また、いつでも他の金利タイプに変更することができます。
  • 「今は子供の教育費など出費が多いので、とにかく当面の返済額はできるだけ少なく抑えたい」
    そんなあなたには…短期間の固定金利がオススメ!
    固定期間が短いほど、低い金利水準にてお借入れいただけます。
  • 「今後は今よりも金利が高くなると思われるので、長期的な返済プランを考え、住宅ローンの返済額は確定させたい」
    そんなあなたには…長期間の固定金利がオススメ!
    お借入時に長期間の金利を確定させるため、長期間の月々の返済額および返済総額が確定します。

タイプ毎の特徴

タイプ 特徴 メリット デメリット
変動金利 市場金利に連動した金利が適用され、借入後は年2回見直しがあります。借入後にいつでも他の金利タイプに変更することが可能です。
  • 適用金利が下がると返済額が減少します。
  • 金利の動きを見ながらタイプを変更することができます。
  • 適用金利が上がると、返済額が増えます。
  • 将来の返済額が確定していないので、返済計画が立てにくいです。
短期間の固定金利 選択期間中は固定金利が適用されます。選択期間終了までは金利タイプを変更することはできません。
  • 低金利状況下では当面の返済額を確定させたうえで低金利メリットを享受できます。
  • 選択期間終了後、金利が上昇した場合は、毎月の返済額が増加する可能性があります。
長期間(もしくは全期間)の固定金利
  • 金利が低い時に借りると、金利上昇リスクを抑えることができます。
  • 長期間の返済額が確定するため、返済計画を立てやすいです。
  • 他のタイプよりも金利水準は高めです。
  • 借入れ後に金利が低下した場合は、低金利のメリットを享受できないので、結果的に他の金利タイプよりも返済額が多くなる可能性があります。
ミックスタイプ 変動金利、固定金利(短期・長期・全期間)の中から2つの金利を自由に組み合わせてご返済いただける返済プランです。
  • 異なる金利を組み合わせることで、低金利メリットを生かしながら金利変動のリスクを抑えることができます。
  • 2口の住宅ローンをお借入れいただくことになるので、必要な書類、お手続き等は原則2口分必要となります。

平成23年10月1日現在

「はじめての住宅ローン」へ戻る

close