3大疾病と診断されて所定の条件を満たした場合、当行所定のローンの残高が0円3大疾病団信付ローン

3大疾病団信付ローン

  • 当行所定のローン残高が0円となるには所定の条件があります。
  • 適用金利に年0.3%を上乗せしたご融資利率になります。
  • 保険金が支払われる場合であっても利息の一部等をご負担いただく場合があります。

3大疾病団信付ローンとは

これまでの「団体信用生命保険」による死亡、高度障害に加え、(1)保障開始日から90日を経過した日の翌日以降に生まれて初めて所定の「がん」に罹患し医師により診断確定された場合、(2)「急性心筋梗塞」・「脳卒中」を発病し、その疾病により初めて診療を受けた日から60日以上所定の状態が継続したと医師により診断された場合または治療のための手術を受けた場合に、その時点でローン残高の100%相当額が保険金として保険会社から銀行に支払われ、ローン残高が0円になります。

ご注意ください

  • 「がん」に罹患したことがある方はご加入いただけません。
  • 告知の内容により、保険会社がご加入をお断りする場合があります。
  • 被保険者一人あたりの限度額は、他の会員銀行からの借入も含めて、地銀協団信制度を通算して1億円となります。
  • ご加入の際の保険金額が5,000万円を超える場合には、告知に加え、保険会社所定の診断書をご提出いただきます。(診断書取得にかかる費用は、お客さまのご負担となります)
  • 保障開始日から90日以内に「がん」と診断されても、保険金は支払われません。
  • 「上皮内がん」および「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は、保険金の支払対象外となります。
  • 保険金のお支払事由には上記注意書以外にも条件があります。ご加入にあたっては、「申込書兼告知書」に添付の「3大疾病保障特約付団体信用生命保険 重要事項に関するご説明」及び「申込書兼告知書」裏面の「3大疾病保障特約付団体信用生命保険のご説明」で、詳細を必ずご確認ください。
  • 3大疾病団信は一般社団法人全国地方銀行協会が生命保険会社(事務幹事会社:明治安田生命保険相互会社)と締結した3大疾病保障特約付団体信用生命保険契約に基づいて運営します。

3大疾病団信付ローン

2017年4月1日現在

対象商品

「プラスワンサービス」へ戻る

close