Recruit Message

Message

銀行員は学び続ける仕事。年齢に関係なく、すべての職員が学び続けています。新しいことにチャレンジすることは、学び続けるということ。下積みの仕事はやりたくない、という人がいますが、意味のない仕事などあるのでしょうか。もし、意味がないと思ったら、改善するための努力をしてほしい。より質の高い仕事に変化させる執念を持ってほしい。どんな仕事でも自分の糧にできるのです。
従来の銀行業務もデジタル化を通して高度化しています。これまでの銀行業務の枠を超えた、新たな業務にもチャレンジし続けています。あなたの挑戦を後押しする仕組みは整っています。どう働くか、どう成長するかはあなた次第。仕事を通した自分の成長は与えられるものではありません。自らつかみ取っていくものです。回り道と思える過程がむしろ自分の強みにすらなるでしょう。目まぐるしい環境変化が続いていて、仕事も変化し、自分も変化していく。その過程に成長がある。従来業務の高度化だけでなく、新たな業務に挑戦し続けられる、もっともワクワクする地銀が千葉銀行です。

取締役専務執行役員(グループCSO・CDTO) 淡路 睦

Message

私は1990年に入行しました。地元への愛着と銀行員への憧れが志望動機でした。時代はバブル絶頂期、多くの友人が東京の企業への就職を目指すなか、地元で働くことは保守的だと思われていました。
入行後は、千葉県内の中小企業担当を皮切りに、東京の大企業担当、本部の企画担当、県内の支店長、地方銀行協会出向(東京)、部長、海外勤務を経て、今の仕事を任されています。千葉銀行は地方銀行ですが、働くフィールドは千葉に留まらず、仕事の幅も、深さも、私の想像を遥かに超えていました。
学生の皆さんは、自分に適している企業はどこなのか、一生懸命考えていると思います。私の経験から申し上げると、千葉銀行に向いているかどうかは、千葉への貢献の想いや金融業務への関心を純粋に持っているかどうかだと思います。この気持ちをぶれずに持ち続けられる人は、是非千葉銀行の門を叩いていただきたい。いつの時代でも、常に活躍の場所は用意されています。
人材育成部では、皆さんの活躍の場所を見つけるために、新入行員研修をはじめとした育成体系を充実させるとともに、希望や適性に合った職場に配属していきます。活躍の場所は、自然と決まっていくものです。 千葉銀行には、あなたの素質を開花させる、そんなフィールドがきっとあります。
常務執行役員(グループCHRO) 牧之瀬 孝

Chibagin's Strategy

デジタル化の急速な進展や、全世界で進められているSDGs(持続可能な開発目標)の取組みなど、目まぐるしく変化する社会のなかで、私たちは地域やお客さまを支えるべく日々絶え間ない進化が求められています。
しかし、そのような進化のなかでも、ちばぎんが変わらず大切にし続けているものは、「お客さまに寄り添う心」と「人」です。「地域やお客さまに貢献することで、自分自身も共に成長していきたい」という熱い想いを持った学生の皆さんに、ちばぎんについてより詳しく知っていただけるよう、さまざまな採用イベントを用意しております。

Selection Points

ちばぎんでは、地域のお客さまと直に接する国内の営業店だけでなく、マーケット部門やデジタル部門、海外拠点など、幅広いフィールドでさまざまな職員が働いています。そして、その職員全員が「地域やお客さまに貢献したい」というビジョンを共有し、それぞれのフィールドで自分自身の知識や経験といった「個性」を遺憾なく発揮しています。
ちばぎんでは、そうした一人ひとりの多様性を受け入れ、互いに認め合いながら、一体感を持って活躍できる組織の実現を目指しています。
『自分自身の「個性」を発揮することで、従来の銀行の枠組みを超えた、新しいちばぎんを創っていきたい』という気概に溢れた皆さんのご応募を、心よりお待ちしています。